マルハの日記

サンデー毎日です

こちらもよろしくお願いします f:id:maruha0203:20210608141359p:plain

マルハのYouTubeチャンネル

マルハのフォトアルバム

秩父のダムと道の駅ツーリング

あさイチで10日間予報をチェックすると、今日が一番天気が良さげ、先週有間ダムだったので、同じ方面は避けようかと悩むも結局秩父。

8時出発、あきる野ICで降り有間ダム近くを通り埼玉県道53号を進むと、県道395号入り口があるので右折、天目指峠(あまめざすとうげ)を超え299号へ。

道の駅果樹公園あしがくぼ着。f:id:maruha0203:20210623071059j:plain

f:id:maruha0203:20210623071111j:plain

バイク集合場所らしいが、平日のせいかそんな雰囲気でも無かった。

ここで昼飯にしようと11時まで待つ。f:id:maruha0203:20210623071121j:plain

「わらじカツ丼」に一旦決めるも、腹が膨れてつらくなると思い「ずりあげうどん」にする、かき揚げ付き。f:id:maruha0203:20210623070724j:plain

右奥の醤油と丼のうどんのゆで汁をお椀に入れ、適当な濃さにして、うどんをつけて食べる。なんか手抜き素朴だ。小学生の時、父親の寄居の実家で朝食に出て来たうどんを思い出す。それは冷たいうどんだったけれど、イメージ的に…まあ場所が近いし。

出汁は使ってないのかな?わらじカツ丼にすればヨカッタと後悔したとかしないとか、あくまでも個人の嗜好の問題だに!

浦山ダムへ行き、ひととおり見たら引き返して、適当に山道を走り帰る予定だったが意外と時間が早く、パスして二瀬ダム(秩父湖)滝沢ダム(奥秩父もみじ湖)へ行く事にする。

道の駅 大滝温泉が有るので寄ってみる。f:id:maruha0203:20210623071411j:plain

ライダーのおじさんがレブルのタンデムカップルに話しかけていた、因みにオラは今まで話しかけられた事は無い。最近容姿が外国人ミュージシャンのようだという指的が有り、そのせいだろう(笑)ここはフツーの道の駅っていうか温泉メインかに~

そして二瀬ダム(秩父湖)着、なんか静寂な感じが漂う。f:id:maruha0203:20210623071133j:plain

f:id:maruha0203:20210623071144j:plain

堤防のぞき!f:id:maruha0203:20210623071155j:plain

堤防をバイクで渡って登って行くと三峯神社、今日はダム優先で行かず、少し戻り滝沢ダム(奥秩父もみじ湖)へ。

140号を進み、いわゆるループ橋の雷電廿六木橋を経て滝沢ダムへ。この道は絶景だ、詳しくはこれから編集する動画で…f:id:maruha0203:20210623071207j:plain

走っていて橋から落っこちないか心配だった(笑)f:id:maruha0203:20210623071230j:plain

f:id:maruha0203:20210623071240j:plain

f:id:maruha0203:20210623071302j:plain

堤防のぞき!f:id:maruha0203:20210623071218j:plain

f:id:maruha0203:20210623071251j:plain

クルマは10台程駐まっていたが、会ったのはバイクの若者ひとり、いいね~

さて、帰りの道を調べると中央道経由の方が早そう、夕飯の支度が有るのでもう帰らねばと140号をひたすら走る。

広瀬ダム(広瀬湖)が現れ、夕飯の支度が気になるが寄ってみる。f:id:maruha0203:20210623071314j:plain

堤防は工事中でうまくのぞけず。
f:id:maruha0203:20210623071327j:plain

f:id:maruha0203:20210623071338j:plain

勝沼ICから乗り、ケツが痛くて談合坂SAで休憩するも5時には帰宅。

こんな感じ、横浜市西区発着で約320kmf:id:maruha0203:20210624055245j:plain

鉄人がオマエばっかり遊んでて、お土産でも買って来いと言うのでガッツリ。f:id:maruha0203:20210623071350j:plain

左のくるみは「道の駅 大滝温泉]で買ったがこの量で300円、なんか怖くてまだ食べていない。

やはりバイクでダムは最高、平日で人が少ないのも最高、バイクで秩父もイイ、道の駅は…フツー。ダム男と言われるほどにはなれないが、ただ行って見るだけで満足まんぞう。

そして武甲山を見るたび登ってみたくなる、いつか挑戦するザンス。